2011年4月アーカイブ

imageCADGG6NI.jpg

 

ami07gejyo.jpg     


      雨にも負けず    

                                                  岩手県 花巻に

        1896年 明治三陸地震津波の年に 誕生      

1933年 三陸沖地震津波の年に 37才で旅立たれた

作者宮沢賢治氏は 幾多の大きな災害に見舞われ 

  自然と対峙し 天候 気温 事象を憂慮し、 

    約しく 困苦を乗り越え 慈悲の心を磨き・・・     

  

    氏の生涯を偲び この遺作を 心に刻み・・・

        今般の震災に想いを馳せ・・・

  

           先人の心魂を 脈々と 受け継ぎ 

               美しく 豊かな 温かな故郷を ひたむきに培われた日々を 

                 一瞬にして 失い ご逝去なさいました皆様の

                             お苦しみ ご無念さは いかばかりかと拝察し・・・     

   

      慈光のみもと 御霊の お安らかなご得仏を ご冥福を 衷心よりお祈り申し上げます。

 ami11jyojyo.jpg

        皆様の血と 汗と 微笑みは この詩のように 時空を超え 心に宿り 

                            琴線を揺すり たおやかな調べを奏で・・・   
 

                   + + + + + + + + + +

 

  雨にも負けず        not  losing to the wind                                         

          風にも負けず        not losing to the snow nor to summer's heat                      

              雪にも夏の暑さにも負けぬ      not losing to the rain                                                

                     丈夫なからだをもち    with a strong body (as above)                           
imageCADGG6NI.jpg   

 慾はなく        unfettered by desire                                             

   決して怒らず      never losing temper                                                    

            いつも静かに笑っている    cultivating a quiet joy                                 

   

       一日に玄米四合と   every day four bowls of brown rice                                   

   味噌と少しの野菜を食べ     miso and some vegetables to eat                          

          

    あらゆることを           in everything                                             

           自分を勘定に入れずに    count yourself last and put others before you            
 

    よく見聞きし分かり     watching and listening, and understanding                 
           

     そして忘れず       and never forgetting                                      
   

   野原の松の林の陰の    in the shade of the woods of the pines of the fields                

     小さな萱ぶきの小屋にいて    being in a little thatched hut                           

 

 東に病気の子供あれば  if there is a sick child to the east                               

   行って看病してやり   going and nursing over them                               
   

  西に疲れた母あれば      if there is a tired mother to the west                    

     行ってその稲の束を負い    going and shouldering her sheaf of rice                 

 

 南に死にそうな人あれば  if there is someone near death to the south                          

  行ってこわがらなくてもいいといい going and saying there's no need to be afraid            
   

   北に喧嘩や訴訟があれば  if there is a quarrel or a suit to the north                       

            つまらないからやめろといい  telling them to leave off with such waste                

imageCADGG6NI.jpg

 

日照りの時は涙を流し   when there's drought, shedding tears of sympathy                  

           寒さの夏はおろおろ歩き    when the summer's cold, wandering upset                     
     

     みんなにでくのぼーと呼ばれ   called a blockhead by everyone                           

                褒められもせず      without being praised                                       

                        苦にもされず         without being blamed                                     

       

           そういうものに  such a person                                                            

     わたしはなりたい       I want to become                                          
                                                                0b5957093a10501e.jpg                        

                                     +  +  +  +  +  +  +  +  +  +

 

                                                                   平成23年4月11日には

鶴岡八幡宮 舞殿にて 神道、仏教、キリスト教の宗旨・宗派を超えて、

   鎌倉の宗教者が結集して 東北地方太平洋沖地震 追善供養

           復興合同祈願祭が執り行われ

imageCA7GT4II.jpg

 

                                菩提寺の ご住職様の ご弔詞

「 至心十念  
 

過般の 国難ともいうべき東日本大震災により  

         お亡くなりになられた諸霊に ご廻向 申すと共に、

        お身内を失った方々に 謹んで哀悼の至誠を表します。
 

                      また、被災により生活の基盤を無くされた多くの方々に

                               同苦、同心、悲しみを深くいたし、

                          一刻も早い 復旧を冀うばかりであります。
 

    このたびの震災により亡くなった 諸霊も、私の父、母、兄弟、姉妹と心得、

                共にお念仏の中に 阿弥陀佛に 帰一してゆきたいと心得ます。 」  


    ご先祖様 ご逝去なさった方々の汗と血 真心 ご教示に お支えいただいておりますこと

          深い敬意と万謝を心肝に 仏様と共に生かせていただければ・・・ 

                自然に添わせていただければ・・・

 

    又 抱えきれない程の 慟哭に必死に耐え ご不安 ご不自由な日々を

          直向きに生きていらしゃいますご遺族様 皆様方には 

               深いお悔やみと お見舞いを・・ 心痛致しております。

    皆様の一日も早い お安らかな日々の訪れを 心より 切に祈念 ご支援申し上げます。 

                             

                                                                  合掌     

imageCAQB1726.jpg 

                                    p.s.  海外の新聞記事 より  

  「特有の忍耐と克己、冷静さと落ち着きで危機を乗り越え、困難なときほど助け合い、

     他人に配慮するという国民性・・列島は揺らいだが、日本人は揺らがなかった。

        住み慣れた町が破壊され、明日をもわからない状態で、

           どうしてこんなにも優しくなれるのだろう。

               被災地で出会ったさまざまな厚意に、何度も心を打たれた。

   身も震う体験をしたからこそ、助け合いの大切さを感じ、

        自然に手を差し伸べることができるのかもしれない。」

 imageCA7GT4II.jpg


 

 

                               自由が丘の英語塾 章英塾

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。