2012年6月アーカイブ

                                 自由が丘の英語塾 章英塾

 

   多分 生と共に

       きっと 皆には 父親が

            たとえ 目に見えようと 見えまいと

                 血の中に 心の中に・・・

 

   そうして ご先祖さまを 十代遡ると 約1000人(1,024人)              

        三十代遡ると 約 10億人(1,073,741,824人)

             と言うことは ご先祖様は 繋がり・・

 

   父の日

        父の 父の 又 その又 父の・・・

             たくさんの お父様達のお陰で 家族 社会 皆は 守られ

                  築き (気づき) をいただき  学びをいただき・・・

 

   多くの お父様方へ 心より 感謝致します。

         宜しくお願い致します。

 

   

   老いて 嬉しげに 恥ずかしげに ドイツ語で「野ばら」を 口ずさむ 

         父の姿が 愛おしく 慈悲深く・・・ 心に 沁みます。

 

    ありがとうございました。 申し訳ございませんでした・・・と。   いつまでも・・・

  

    旧制高等学校 で習ったドイツ語 思い出が いつまでも鮮明で・・ 私を見ると 

         ドイツ語で語りかける その笑顔が・・ 幼児のように 輝き 

               その言葉は 父と私の 秘密の合い言葉のように・・・

 

     彼の世では 先ず どなたに? の問いに  「親父かな・・」と ・・

 

     父の日 おめでとうございます。 

          何故か この日 父と交わす かの地の言語が 頭を満たし・・  

 

     (Reiche mir) bitte Zeitung. ・・ Danke schön. ・・ Bitte schön.  

          Auf Wiedersehen.   また いつの日か きっと きっと Wiedersehen ! 

              Ich respektiere dich wirklich.                        

                                      Alles ist sehr gut.  

                                              Du bist die Besten für mich.
                                    
                                                     Mir tut es sehr leid, vergib mir bitte.

                                                             Ich liebe dich.           

 

 

                              野ばら  (シューベルト作)             

              Sah ein Knab' ein Röslein stehn,
                     Röslein auf der Heiden,
                            War so jung und morgenschön,
                                     Lief er schnell, es nah zu sehn,
                                             Sah's mit vielen Freuden.
                                                     Röslein, Röslein, Röslein rot,
                                        Röslein auf der Heiden.

         
Knabe sprach: Ich breche dich,                   

                      Röslein auf der Heiden!
                              Röslein sprach: Ich steche dich,
                                    Daß du ewig denkst an mich,
                                           Und ich will's nicht leiden.
                                                  
 Röslein, Röslein, Röslein rot,
                                                             Röslein auf der Heiden.

             Und der wilde Knabe brach's
                      Röslein auf der Heiden;
                              Röslein wehrte sich und stach,
                                     Half ihm doch kein Weh und Ach,
                                             Mußt' es eben leiden.
                                                    
Röslein, Röslein, Röslein rot,
                                                             Röslein auf der Heiden.

 

                 「ありがとう」 「すまん」 ・・ 父の 言の葉 に ・・  支えられ ・・・

                            

                       自由が丘の英語塾 章英塾

 

            自由が丘の英語塾 章英塾   

   

   何かを想う時       

 

       「いいえ、 ~は 120点」と 信じ

 

     

   様々な状況の中で より良い一歩を踏み続けているのだから

 

         学んでいるのだから・・ 

 

                   ひとつ ひとつ 悟っているのだから・・と

    

     

    テスト結果の数字も 何もかも 

 

        「いいえ、 ~は 120点」と 

 

                   敬意と共に 明日へのstepを 信じ

 

 

            + + + + + + + + + +

  

    

     今日は ご命日です。大切な方の。 

 

            その方の ひとこま ひとこまのすべてが 

 

                    その方の 日々で 人生で・・

    

    

   それが もしかして すべてが 必要で 偶然で・・

        

           そして その方が すばらしかったと お幸せだったと 

        

              私には勿体ないほどの 120点の方だったと

 

          深謝と お詫びと 祈りを 胸に・・

 

 

 

++++++++++

 

 

 文学を志す 卒業生の blogを 抜粋 ご紹介させていただきます。 

   http://blogs.manapo.com/rucksack/archives/120531001116.html

 

++++++++++

 

 

生きている人が、すでに生き切った人のなにかを伝えるということは

現実に変化を与えることだ。

その人が実際に存在しているかいないかは関係ない。

 

でも。

消えても、いなくなるわけじゃない。

呼べばすぐに現われる。

お母さんはときに、わたしのことを叱るし、なにかと日々影響を与えられている。

 

 

それは、理科の教科書に書いてあった浸透圧にも似ている。

最初は溶液の濃度は、あちら側とこちら側に、くっきりとわかれている。
まじりあうということはない。
けれど、ひとたび人がいなくなれば、
一気にその記憶や経験が、めまぐるしくこちら側に流れ込んでいく。
 
だんだん時間が経ってきて、だんだんと互いの溶液の濃度が中和されてきたら、
粒子、ここでは記憶や体験のようなもの、は、均等に自由に行き来できるようになる。

 

きちんと中和されたときには、粒子はもう、必ずしも死者そのものの姿をしていない。

それは多くのものに溶け込んでいる。

自分の周りの人々の中に、潜んでいたりする。

自分の今の経験の中に、含まれていたりする。

 

わたしは今、前ほど具体的な形を必要としていない。

お母さんそのものを、必要としていない。

粒子は分散して拡散して、さまざまなところに宿っているということを、感じる、

 

  ~ 中略~ 

 

     井上ひさし氏の 『父と暮らせば』には、娘と父親が出てくる。

 

死んだ人の分のなにかを伝えるのが、お前の役目だと教えてくれる。

そしてお父さんは、娘さんによってこそ、生かされている。

いなくなったとしても、消えるわけではない。

いつでも共存できる。

生きているからといって、えらいわけじゃないし、

死んでいるからといって、なにもできないわけじゃない。

死んでからだって、生きていたことがものをいう。

 

 

体は借り物。

 

まわりの人に、説明のつかないこと、論理通りにいかないことは、いくらだってある。

 

体は、借り物でしかない。

 

そして、借り物をつぎの人へと貸すための引力は、

遺伝子と遺伝子が引きあうような引力は、

それはとんでもないくらい強いものだから、容易には抗えない。

 

そして、借りた人たちに対する、礼儀や、誠意の表し方として、感謝の表し方として、

 

借り物は、なるべく大事に使わなければならない。

          

          

            自由が丘の英語塾 章英塾 

 

 

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2012年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。