2012年12月アーカイブ

 

                                        自由が丘の英語塾 章英塾

  

      Ich bin sehr müd.

               We are tired.

     

   疲れは もしかして 勲章かと・・

        それだけ 頑張った 証かと・・

 

  素直に手を差し出す生徒の手を ・・しっかり握り 疾走したこの年・・

        倒れそうになる度に 背中を しっかり支え 

             並走して下さった卒業生の 若さ溢れる 輝かしい力 

 

  こんなに 誠実に 堅実に  学びを高め・・ 

        信頼 情熱を持って 支え 引っ張り 導いて下さるとは・・

 

  生徒たちも 息を切らせながらも 汗を流し 

        寒空の下 身を竦めながらも  文句も言わず

               卒業生の温もりに 多くを学ばせていただき・・励まされ

 

  今も 年明けの入試直前の 受験生のlast spurt に 4時間休みなしの 必死の授業を

        最後の確認の教えに 寄り添い 身を捧げて下さる 卒業生・・

              英語のセンター試験は20分前に終えるように・・ 

                    この一冊を完璧にすれば良いと・・

         彼女自身も 今回の TOEIC は きっと満点・・

              ご自分が経たばかりの 入試英語のすべてのパターンを 

                    手早に 要点を指摘しながら 共に解き・・

                         その要を得た 教えの速さ 集中力 情熱には・・・

                    

         そして 今回も 冬休みの 国語の宿題解説を 卒業生にお頼みすると

                +++++ 


          成績が全部ではないですが、一生懸命時間をかけた成果が結びつくのは

          とても嬉しいですね。 わたしも少しでも力添えできたのならとても光栄です。
          お休み中も、できることがありましたら、ぜひお手伝いさせてください。
          わたし自身も勉強になります。           

          『こころ』は持ってます。

          高校のころに習った教材も探せばあるかもしれません。
          感想文をどのように書けるのか、考えてみますね。
          教育学部の図書館にも、参考になる資料があるかと思いますので、
          明日探してみます。

 

          今朝の話で、塾の卒業生で卒業してから 今も学び続けている人たちが

          繋がっているのは、素晴らしいなと感じました。
          成績のためだけの勉強姿勢ではなく、学びに対する姿勢が通じているのだと

          思います。
          これからもわたしの励みにしたいと思います。

                    

                       * * *

          17:30~20:30までの授業を無事に終えました。

           ・夏目漱石『心』の通読
           ・明治の風俗『汽車』『手紙』についてのレポートの見通しを立てる
           ・『心』のポイントをまとめる
           ・古典文法の覚え方を話す

            などを行いました。

            一番大変だったのは、『こころ』の内容を時系列順にまとめる、というもので、

            なかなかボリュームがありました。
            最初は、あらすじを説明しつつ、一緒にポイントになるところを

            読んでいきました。
            その後、上、中、下に分けて、番号ごとにわたしが重要なところを読み

          君がメモをとっていく形をとりました。
            最後の19:30~20:00までは、わたしが下の部分を精読する時間をもらい、

            その間に君には問題集を解いておいてもらいました。
            最後までよく頑張っていました。


            本日も、よく集中していました。
            聞いたことはすぐにわかるようで、呑み込みが早いです。
            わたしも、高校生ぶりに『心』を読み直して、勉強になりました。
            ありがとうございました。


            本年度は、思わぬ形で章英塾に教える側として関わることができたこと、

            とても感謝しています。
            教えることは勉強になると同時に、楽しいな、と思います。
            授業自体が負担にならず、自分の勉強ややりたいことと両立できているため、

            バランスが保てているのが良いのかもしれません。
            わたしにとっても、プラスになっています。

            自分自身も、いろんな先生にこうやってお世話になってきたんだなあ、と

            思いますし、また、親にもいろんなところに通わせてもらっていたんだなあ、と

            感じています。
            今後ともよろしくお願いします。

                +++++

 

    卒業生の お支えに、親御様のご厚情に、 きらきら☆の生徒さんの学びに、 皆様に

            深く 頭を垂れ・・ それでも尚 生かされる日々に・・ 深謝と祈りを・・

    辰年の流れ逝く時~ お疲れ様でございました。 大変 お世話になりました。

                                                   

            Vielen Dank.    自由が丘の英語塾 章英塾


         除夜の 鐘の音色に 皆様の 来る年の 平安と お慶びを念い・・・

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。