2013年4月アーカイブ

                               自由が丘の英語塾 章英塾 より

 

聞く 話す 読み 書き 作文 文法・・

 

多分 日本語を話し始め・・ そして今も使い

それは先ず 聞き、その音を 片言で真似し、話し、文字に触れ 読み、書き、文を作り、

新しい語に 何年もかけて触れ 覚え、文法を知り 文学 文書に馴染み・・

 

英語を覚える時も ある程度 その手順を踏めたなら・・

多分 英語を使いやすくなるような・・

 

sometimes  or  often  大学入試問題を目にすると・・

 

和訳してさえ ややこしすぎたり、重箱の隅をつくような 問題に ここまで知っていますか?と・・

ああ だから 日本人は 世界との communication の tool として

英語を使うことを ためらってしまうのかと・・

自信も 意欲も失くしてしまうのかと・・

上手でなくても、文法のミスがあっても・・

そんな時 相手にも 自分にも 微笑める 度量があれば・・・ 

「まあ 今のところは こんなものです。 でも きっと 明日は・・ 」 と。

 

言葉 「ある意味を表わすために、口で言ったり字に書いたりするもの。」  広辞苑より

 

                                 自由が丘の英語塾 章英塾 より

 

 

 

                                 自由が丘の英語塾 章英塾 より

 

多分 言葉は 上手だから、下手だから・・ではなく

意思疎通のために・・ 

高校の英語の授業が 英語だけで

大学入試と 卒業時に TOEFUL が・・

 

英語も 気楽に 評価にこだわらず 話せたら 意味が通じたら・・

communication の tool として ・・ 必要なことを伝えられたら

 

でも 母国語でも 会話も 対話も 時には むずかしいけれど・・

では この際 英語で 言葉の キャッチボールの練習を・・・ 

口を開き かたことから始まるのが 言葉・・

 

そして一語でも理解できたら・・ そして 回を ますごと・・ 時を重ね

さあ Let's start speaking English !

 はずかしさなんて・・ 積極的になる練習も LET'S START ☆

 

日本語の中に英語が入っているように・・

英語の中に日本語が入っても・・ 先ずは 意思疎通を

そして 回を重ねるごとに fluent に・・ 時間をかけながら

上手より 下手よりも・・ 何とか communication を 人として 礼儀として・・思いを

                                 思いやりを言葉で 表せたら。

 

 自由が丘の英語塾 章英塾 より 

 

 

  

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。