Glückwunsche zu Vatertag   父 の 日

| コメント(0) | トラックバック(0)

                                 自由が丘の英語塾 章英塾

 

   多分 生と共に

       きっと 皆には 父親が

            たとえ 目に見えようと 見えまいと

                 血の中に 心の中に・・・

 

   そうして ご先祖さまを 十代遡ると 約1000人(1,024人)              

        三十代遡ると 約 10億人(1,073,741,824人)

             と言うことは ご先祖様は 繋がり・・

 

   父の日

        父の 父の 又 その又 父の・・・

             たくさんの お父様達のお陰で 家族 社会 皆は 守られ

                  築き (気づき) をいただき  学びをいただき・・・

 

   多くの お父様方へ 心より 感謝致します。

         宜しくお願い致します。

 

   

   老いて 嬉しげに 恥ずかしげに ドイツ語で「野ばら」を 口ずさむ 

         父の姿が 愛おしく 慈悲深く・・・ 心に 沁みます。

 

    ありがとうございました。 申し訳ございませんでした・・・と。   いつまでも・・・

  

    旧制高等学校 で習ったドイツ語 思い出が いつまでも鮮明で・・ 私を見ると 

         ドイツ語で語りかける その笑顔が・・ 幼児のように 輝き 

               その言葉は 父と私の 秘密の合い言葉のように・・・

 

     彼の世では 先ず どなたに? の問いに  「親父かな・・」と ・・

 

     父の日 おめでとうございます。 

          何故か この日 父と交わす かの地の言語が 頭を満たし・・  

 

     (Reiche mir) bitte Zeitung. ・・ Danke schön. ・・ Bitte schön.  

          Auf Wiedersehen.   また いつの日か きっと きっと Wiedersehen ! 

              Ich respektiere dich wirklich.                        

                                      Alles ist sehr gut.  

                                              Du bist die Besten für mich.
                                    
                                                     Mir tut es sehr leid, vergib mir bitte.

                                                             Ich liebe dich.           

 

 

                              野ばら  (シューベルト作)             

              Sah ein Knab' ein Röslein stehn,
                     Röslein auf der Heiden,
                            War so jung und morgenschön,
                                     Lief er schnell, es nah zu sehn,
                                             Sah's mit vielen Freuden.
                                                     Röslein, Röslein, Röslein rot,
                                        Röslein auf der Heiden.

         
Knabe sprach: Ich breche dich,                   

                      Röslein auf der Heiden!
                              Röslein sprach: Ich steche dich,
                                    Daß du ewig denkst an mich,
                                           Und ich will's nicht leiden.
                                                  
 Röslein, Röslein, Röslein rot,
                                                             Röslein auf der Heiden.

             Und der wilde Knabe brach's
                      Röslein auf der Heiden;
                              Röslein wehrte sich und stach,
                                     Half ihm doch kein Weh und Ach,
                                             Mußt' es eben leiden.
                                                    
Röslein, Röslein, Röslein rot,
                                                             Röslein auf der Heiden.

 

                 「ありがとう」 「すまん」 ・・ 父の 言の葉 に ・・  支えられ ・・・

                            

                       自由が丘の英語塾 章英塾

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blogs.manapo.com/mt/mt-tb.cgi/783

コメントする

このブログ記事について

このページは、shoeijukuが2012年6月17日 08:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 1 2 0 点」です。

次のブログ記事は「 m i d - s u m m e r   g r e e t i n g s」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。