日 溜 り

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

                                  自由が丘の英語塾 章英塾 より 

 

きら 綺羅 きら と輝く瞳

小学生の 初めて 英語に触れる

興味と 未知の世界への探検のような

 

何故 こんなにも透き通って きらきら輝くの・・

いくつもの瞳の輝きに びっくりしながら その導きに気合いを入れ

それは まるで 日溜りのよう

 

大学入試の朗報に 瞳の奥から喜びが溢れ・・

それも又 冬の寒さの後の 春の訪れ・・ 日溜りのよう・・・

 

若い 澄み切った瞳の輝き・・・ それは又 宝石のよう

 

生徒たちとの日々、 教室は いつも まるで 日溜り。

 

                                   自由が丘の英語塾 章英塾 より 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blogs.manapo.com/mt/mt-tb.cgi/902

コメントする

このブログ記事について

このページは、shoeijukuが2014年3月22日 20:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 Where there's a will, there's a way.」です。

次のブログ記事は「 信 頼」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。