やっと出てきたラジオの話の最近のブログ記事

受信機(ラジオ)の基本性能

■ 受信機(ラジオ)の基本性能 ― 感度・選択度・了解度・安定度 それでは、性能の良い受信機というのは、具体的にどういうものを指すのだろうか。  イメージでは何となく判っていても、説明するのは難しいのではないだろうか。しかしながら、「良い受信機のイメージ」は大体以下のようなものあろう:

スーパーヘテロダイン方式

■ スーパーヘテロダイン方式
 現在主流になっている受信機の回路方式のひとつである。
 現在、殆どの中波放送用受信機は、スーパーヘテロダイン方式である。

img5_27.gif


スーパーヘテロダイン方式は、1918年にアメリカの発明家である、エドウィン・アームストロングなる人物によって発明された受信機の回路方式である。

■ レフレックス方式 ― ストレート方式の変形
 第2次大戦中、戦後の部品供給が不足した時期を象徴するかのような回路構成である:
img5_21.gif

日本では、真空管がゲルマニウムトランジスタに置き換わり始めた頃に多く採用された回路方式である。
 
 ストレート受信機では、動作原理的には高周波増幅回路の増幅率を高くすると、受信感度が向上する訳だが、実際には、この増幅率を高く出来る真空管やトランジスタは高価であったようだ。
 そこで簡単な仕組み・工夫で更に高周波増幅回路の増幅率を上げるような方式が考案された。

ストレート受信機

 だんだん、ラジオの仕組みの話になってきた。
 鉱石ラジオでは、残念ながら、皆が聞こえるような音で受信するのはかなり困難なことであった。
 また、送信所から遠い場所では、受信が難しいということもあった。
 当時、既に存在していたスピーカーを鳴らすのが鉱石ラジオから復調できる音声電力では困難だったからである。

電離層と電波伝播の一般的な因果関係

 電離層と電波の伝播の一般的な因果関係を説明するとこんな感じである:

遠距離へは電離層と地表で反射しながら

 電波のうち、波長の長い周波数帯(長波・中波・短波)は、それら自身が持つ電波伝搬上の特質から、中距離・長距離通信に用いられる。
img5_13.gif
左の図は、地球の上空がどうなっているかを極めて簡潔に示したものである。
実際の地球上空はもっと複雑で、例えば、上空 20km ~ 25km 付近には、生態系に有害な紫外線の大半を吸収するオゾン層が存在するが、電波の伝播の話題の上では影響を与えないので、省略してある。

いろいろある電波

 ひとくちに「電波」と言ってもいろいろな種別があり、区分されている。
 区分する方法のひとつとして最も用いられるのが電波の波長による区分である。
 電波の波長とは具体的には、「磁気と電気は密接に関連する」の章の 電気と磁気の協調 ― 電磁波 の項で説明した、電界と電界の距離または、磁界と磁界の距離を示す。

受信機(ラジオ)の仕組み-2

■ 同調回路(Tuning) ― 放送局の選局
 アンテナで受けつけた電波は、あらゆる放送の電波が混在している。
 その中から希望する放送局を選び出す役目をするのが同調回路である。

 同調回路は、前章で説明した「並列共振回路」または「直列共振回路」そのものである。ラジオの要(かなめ)― 直列共振回路・並列共振回路 でも説明したとおりである。共振周波数を受信したい放送の周波数に合わせることで、希望の放送局を選択するのである。

受信機(ラジオ)の仕組み-1

 送信所から送信された電波を受けて元の放送コンテンツを再生するのが受信機である。

 これが最も基本的な受信機の構成で、これ以上省くことが出来ないというレベルの構成である。
 最も簡単なゲルマラジオや鉱石ラジオもこの構成である。ゲルマラジオや鉱石ラジオの場合は、イヤホンで聴く事になる。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちやっと出てきたラジオの話カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは「電気」って?です。

次のカテゴリはラジオの中身を究めるです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。